食べ物が美味しい季節ですね。

こんにちは、JayMethodStudioです。

12月に入り、今日は中々の冷え込みですね。

この季節は食べ物が美味しいのと同時に、気温が下がり活動レベルや運動量も落ちやすい季節になります。

つまり、太りやすい季節。

そして忘年会やクリスマス、正月休みなど、摂取カロリーが1年で最も高くなりがちな期間になります。

そしてふと気になって調べ物をしてるのが、果たして糖質制限ブームになって人々は健康に向かってるのか?

とゆう疑問から

長い歴史米を食べて繁栄してきた日本人が米を食べなかったり、米を少なくする人が増えて、米の売上はどうなってるのか? 肥満人口に対する影響は?など調べてるんです。

とゆうのは、「糖質を抜くと痩せる」「痩せるには糖質を抜く」のような断定的すぎる考えや風潮で一般の方々に浸透しまっていて、非常に危険な状態だなと感じるんです。

似たような感覚でよくあるのが、レッスン中にプロテインについて説明をする際に、「でも友達がプロテイン飲んだらムキムキになる、逆に太るでって言われた」

とゆう流れでプロテインの購入をやめてしまったりする事も過去にありました。

もちろん僕自身も必要な説明は全てさせて頂いた上ですが、現場の身体を任せてるプロよりも周囲の風潮や情報が勝ってしまう人も多くいます。

そしてやはり、米農家さんが嘆いているとゆう現状も知りました。

太ったり痩せない原因を食習慣、特に一部の栄養素に断定せず、自身の運動習慣、そして双方のバランスを見直して行動に移す事をオススメします!

では。