挑戦、成長、自信、継続、今年よく瞑想時に唱えてる言葉です。

こんにちは、JayMethodStudioです。

小さい頃から何かに努力するってゆう事を、多分人よりしてこず

挑戦は自分が楽しめるものはして、楽しめないものは逃げ

何かを習慣的に継続するってゆう事が苦手な社会人生活のまま今に至りました。

何をしても始めてもそれなりにこなせ、それなりの実績がついてきてましたが、輝かしい実績はなく、30代後半になり色々振り返り、「何か嫌やな」と感じ始め

老後に誰に説くか分からんけど、「わしは努力した」ってゆう経験を持ちたいと思い今年は人生初努力を開始しました。

これが「努力」と胸張って言えるかどうかは、自分が成し得たい実績がついてきた時に初めて努力になると思ってます。

トレーニングには冒頭に書いた4つの言葉、全て詰まってます。

未経験のジム通い、重たい重量を使用しての運動、挑戦ですね。

身体の変化に伴う心の変化、これは成長。

以前の自分より明るくなったり、自分を好きになったり、前向きになったり、これは自信。

目標目的に向かって習慣的にジムに通い、食べるものや食べるべきではないものを考えたり、身体と向き合う毎日を過ごし身体をいい方向に導く、これは継続。

努力や挑戦をしなければ身体が変わらないんではなく、トレーニングとゆう手段を選び身体が変われば、自然と挑戦、成長、自信、継続といったスキルやマインドが身につきます。

当スタジオでの最近の成功事例としては、4ヶ月で-20kg、1ヶ月ちょっとで-4kg、数字のみならず体型が会う度に変わり、表情や眼差しが別人となりました。

以前にも書きましたが、大きな分かれ道は「継続」、そして「優先順位」です。

毎週継続し、トレーニングの優先順位が高いのか後回しか。

数字の成功事例の他にも、苦手だったスクワットが以前よりスムーズに深く動作ができるようになったとか

10回できなかったのができるようになったとか

目の前の挑戦者達の成長を見届けれる仕事に喜びを感じますね。

21歳の2月5日、「人を+から更なる+に導く事が志望動機です」。あれから17年目、ずっと楽しいな、トレーナー。

20代半ばの時、お前みたいな奴にはトレーナーとか無理じゃ!って顔真っ赤にして酔っ払いながら吐き捨てたどこかの兄さん、私は何とかここまで来れました。